にわかじこみの一般人。

おすすめの漫画・ゲーム・映画などをわかりやすく紹介していきます。

【ネタバレ感想】週刊少年ジャンプ 2019年29号

週刊少年ジャンプ 2019年29号

f:id:wagcus:20190621222959j:image

 

 

ハイキュー

f:id:wagcus:20190621223011j:image

「ふぉお…!」って変な声出ちゃったよ。

ツーアタックやプッシュみたいなプレーって何度見てもいいね!

何度見ても意表を突かれるし、決まるとめちゃくちゃ気持ちいい。

旭さんがこういうプレーするってのもまたイイよね。

 

 

チェンソーマン

f:id:wagcus:20190621223021j:image

まぁ、生きてますよね。

でも何週も引っ張って生きてたら絶対冷めると思ったけど、

「マキマさん怖ぇ。」って感情でそれを塗り潰してくれたのは良かった。

今週のラストは中々ゾッとしたわ。マキマさん、何者なんでしょうかねぇ。

 

 

食戟のソーマ

f:id:wagcus:20190621223030j:image

ようやく終わりましたね。

まぁ案の定特別編という名の続きをジャンプGIGAに掲載するというコスい手使ってきやがったけど、ひとまず本誌での本編は一旦終了したということで。

いや〜〜〜、最後のブルー編は完っっっ全に蛇足だったね。才波朝陽とか心底どうでもよかったし。十傑編のラストでえりなが第一話のリバイバルのふりかけを出したところで綺麗に終わっておけばよかったのに。典型的な辞めどきを逃した漫画だったな。

 

貶すのはこれくらいして、褒め所を。

なんだかんだ言ってこの漫画、結構好きでした。特に四宮先輩との対決から秋の選抜〜スタジエールまではかなり面白かった。

何より恵がアンコウの料理で88点取って予選通過するところは最高だった。未だに何度読んでも泣く。

ソーマ、えりな、恵、昴、秘書子、主人公勢に魅力的なキャラクターが多くて、読んでて楽しい漫画でした。

6年間、毎週の楽しみをありがとうございました!

 

 

食戟のソーマ 35 (ジャンプコミックス)

食戟のソーマ 35 (ジャンプコミックス)

 

【アニメ】ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風 第34話 感想

ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風

Episodio 34 鎮魂歌は静かに奏でられる その①

 

f:id:wagcus:20190621213340j:plain

 

もしかして…

俺たち・私たち…

入れ替わってるーーー!?

 

 

オープニング変わってたね!

相変わらず最終決戦時でのこの演出は良い!

f:id:wagcus:20190621213949j:plain

ここから更に変化するかな?

するかもな。

しなくてもいいけど、してくれたら嬉しいな。

楽しみにしておこう。

 

 

そして4人の入れ替わり演技が素晴らしいッ!!

f:id:wagcus:20190621214749j:plain

f:id:wagcus:20190621214801j:plain

f:id:wagcus:20190621214816j:plain

f:id:wagcus:20190621214827j:plain

まさか声はそのままで入れ替わりの演技させるとはね!

声優ごと入れ替えてごまかしたワンピースのパンクハザード編に爪の垢を煎じて飲ませたい!

4人とも入れ替わった演技が上手すぎてヤバいwwwww

本当に同じ声優さん?って思うほど、全く違って聞こえる!

オーディションはこの入れ替わり演技がテストだったんじゃないか!?このキャスティングは完全にこの入れ替わりを前提にしたものだったんじゃないか!?って思うほどに!ハマりすぎててヤバい!!

ディ・モールト・ベネ!!!

 

いやホントにこれはスゴいわ。アホみたいにスゴいって言葉しか出てこない。スゴいし面白すぎるwww

 

やー、来週からも楽しめそうだ!

楽しみ楽しみ ♪

 

 

【恋愛観察バラエティー】あいのり メンバーの今 と やらせ疑惑について

あいのり

 

f:id:wagcus:20190621003731j:plain

桃オフィシャルブログより

 

メンバーの今

昔は、ヒデとかよはその後すぐに別れたとか、関ちゃんと優香は結婚したけど離婚したとか、ちゃきは植っきとすぐ別れて横みーと付き合ってるとか聞くと、「あぁ、夢壊れるなぁ。」と思ってたもんだ。

ところが今回、ヒデのブログをはじめ、桃やおーせやアウトローなど、卒業後のあいのりメンバーのブログを目にして、その考えが間違っていたことに気付いた。

 

ヒデのブログ。未だに毎日のように更新されている。整形してカッコよくなってるし!いや元からイケメンだったけど、確かに目つきは悪かったから、今の方がいいね。

 

どのメンバーのブログを見ても、卒業後のメンバーは全員めちゃめちゃ仲良さそう!

帰国後に別れた男女も、誰かの披露宴で会えば仲良く2ショット写真を撮ってるし。

ヒデとかよも、別れた今でも普通に交流はある様子。

 

なんかさぁ~、男と女なんだから、出会いもあれば別れもあるじゃんねぇ~、それを夢壊れたなんてさぁ~、ガキだったなぁ~、と。

別にその後別れてしまったからってその大恋愛がなくなるワケじゃないんだよね。そのとき好きだったって純粋な気持ちは永遠に変わらないし、いい経験として2人の人生の糧となっていくし、ときには良い想い出になるし。

番組を終えた後も、彼らの人生は続いていく。その後の彼らの人生がとても楽しそうで、しかも未だに仲良さそうで、その後続いたか別れたかなんて些末な問題だなー、と、そう思ったのでした。

 

しかし、あいのりって、卒業生の大きなコミュニティがあって、卒業したメンバーは大概そこに入って、みんな仲良くやってるみたいね。しかも、番組初期から末期まで関係なく集まってるから、出演当時は全く時期が被らなくて面識のない者同士も友達になるみたい。

一つ言っていいですか?

何ソレ、めっっっちゃ羨ましい!!!!!

 

あんだけ濃くて面白いあいのりメンバー全員と友達になれるなんて羨ましすぎんだろ!?しかも誰かの結婚式があればみんなで出席したり、10年経っても仲良く遊んだり飲みに行ったり旅行行ったり、ときにはそん中で出会って付き合って結婚したり、お互いの子供を見せ合ったり、何ですかソレ!?羨ましすぎんだろ!!!

 

あぁー、昔はあいのりの旅そのものが羨ましくて、俺も応募すれば良かったなぁーと思ってたけど、今はそういう10年来の仲間が羨ましくて、俺も応募すれば良かったぁーという思いがまた湧き上がってきてしまった。あいのりコミュニティ羨ましいわ、俺も入りたい。

 

とりあえずヒデと嵐と袋ロー、あんたら10年経っても仲良すぎんだろ。

 

 

あいのりってやらせでしょ?

あいのりの話をしてると、大抵一人は、

「え?でもあいのりってやらせでしょ?」

って言ってくる奴がいる。

 

そういう奴に俺が口に出して言う言葉はこう。

「え、やらせでもいいじゃん。面白いんだから」

そして口に出して言わないけど、俺が内心思ってることはこう。

「あいのりはやらせじゃねぇよ」

 

考えてみろよ。ズブの素人に一言一句指定した細かい台本渡して、まともな演技ができると思うか?そんなクソ面倒臭いことするよりも、勝手に泳がしといた方が面白いドラマができるだろ。どう考えても。

 

まぁそれでも、裏でスタッフが色々とガンガンに誘導はかけてるんだろうな、と、昔は思っていた。7人の男女とスタッフしかいない閉鎖空間で、状況操作して自分たちの望む方向に誘導するのは簡単そうだと思ったから。

 

でも、久々に見て思った。

「あ、これ、思った以上にやらせじゃねぇわ」

 

むしろ逆に「おぃいスタッフ!なんでそこで手を出さねぇんだ!?あんたらが一言誘導すればもっと面白くなっただろ!?」みたいな、逆にもっとやらせ…じゃないけど助けてやれよなんで放っとくんだよみたいに感じる場面の方が多かったぐらいだ。

 

だいたい「やらせ」って難しい問題だよね。「やらせ」ってどっからどこまでがやらせなの?メンバー全員が役者で台本も全部用意されてるの?それともメンバーは全員何も知らないガチだけど、スタッフが裏でめっちゃ糸を引いてるってこと?その度合いにもよるよね。

まぁ、明らかに売名行為で事務所に無理矢理送り込まれたんだろうなーって人は何人かいたけどね。やたらイケメンもしくは美女なんだけど全然恋愛する気なくてリタイアして帰っちゃうような人。本人は本当は行きたくなかったんだろうなー。

 

最近思うんだけど、何かと「やらせ」だとか「干された」とか言いたがる人の方が、実はピュアで子供だよね。陰謀論を信じてる中学生と同じ。何か自分には及ばない強大な力を持った黒幕が存在していて、そいつが裏で糸を引いてると思ってるってことだから。「芸能人が大物に逆らって干された」とかってのも、現実は「単に人気がなくなって飽きられた」だけだったりするからな。

「あいのりはやらせ」って思ってるってことは、イコール、「あれだけ面白いドラマを人為的に作り出せるスゴい人が存在してる」って思ってるってことでしょ。そんな人、たぶんいないよ現実には。

 

あいのりを作ってる人だって同じ人間だ。俺たちと変わりゃしない。自分があの番組のスタッフだって考えてみ?多分素人にあんなドラマチックな演技させる台本を作るなんてまず無理だし、面白くなるように人選や状況操作や誘導は色々とやろうとするだろうけど、多分思い通りにはいかない。あんな暴れ馬みたいな個性豊かな若者たち集めて、思い通りに動かそうなんて無理だろうな。多分想定外の状況ばかり起こって慌てふためくのが目に見えている。

 

一応「あいのり やらせ」で検索してソースがないか調べてみたけど、出てくるのはデヴィの発言とこのブログくらいだった。このネット時代に未だにソースが2つだけってのは信頼性皆無だよなぁ。フジテレビが都合の悪い書き込みを全部消して回ってるって?それこそ陰謀論だなぁ。

それよか結婚して子供もいるカップルがもう何組もいて、未だにメンバーがスタッフぐるみで10年以上仲良くしているブログ記事がいくつも上がっているのを見ても、やはりやらせはないって方が信憑性は高い気がする。

 

だいたい、「あいのりってやらせでしょ?」って言ってくる奴が、あいのりを細部までじっくり細かく見て検証してるわけがないしな。どうせ数回見ただけのイメージで言ってるだけやろ。それよか、全編毎週欠かさず見て、「この慟哭は演技じゃ出せねぇだろ…。」って感想を何度も味わってる人の感覚を俺は信じる。

 

まぁ、全部が全部ないとは言わないよ?確かに見てて「ん?これは…」と思う場面もときたまあるし。

ただまぁ、世間が「やらせ」という言葉を聞いて想起するほどのことはしてないだろうなってのが、改めて見て思った感想。

 

 

やっぱ応募すれば良かったな

あいのりに出るのが若いときの俺の一つの夢だった。なんやかんやで応募せずに終わっちゃったけど、やっぱ応募だけでもしてみりゃよかったな。

今の人生が楽しいから応募しなくて結果的には良かった、と、思って生きてきたけど、今回久しぶりに見て、卒業生たちのブログを読んで、やっぱり応募だけでもしときゃよかったな、って改めて後悔した。

決して今の人生を変えたいわけじゃないけど、何かに挑戦しなかった後悔は結果の如何にかかわらず残り続けるものなんだなぁ。

 

 

おわりに

結局4記事も連続であいのりについて書いてしまった。

いい歳したオッサンが「あいのりが好き」ってなんかめちゃくちゃ言いにくい雰囲気があるからなんか恥ずかしいけど、そんなこと関係ないよね。好きなものは好きなんだ。だから俺は声を大にして言う。

 

俺はあいのりが大好きだ!!!

 

いいよねあいのり!

最高だよね!!

誰かと朝まで語りてぇ!!!

 

ラブワゴンは、永遠だ!!!!!

 

~おわり~

桃の素顔

桃の素顔

 
あいのり2 バングラデシュ編 Vol.1 [DVD]

あいのり2 バングラデシュ編 Vol.1 [DVD]

 

【恋愛観察バラエティー】あいのり は どうしてこんなに面白いのか 4つの理由

あいのり

 

f:id:wagcus:20190617225212j:plain

 

自分が人生で一番好きなテレビ番組、

『 恋愛観察観察バラエティー あいのり 』

あいのりはなんでこんなに面白いんだろうか。

今回はその面白さを4つの点から解説していく。

 

 

ノンフィクションの真剣な恋愛模様

まずは何と言っても素人のノンフィクションの真剣で一生懸命な恋愛模様が見てて楽しい!

選ばれた7人の男女は、日本トップクラスのテレビ局が何千人何万人という応募者の中からオーディションを重ねて選びに選び抜いた7人だけあって、どいつもこいつも漏れなく個性派揃い。

そんな個性豊かな若さ真っ盛りの男女が、ガチで、真剣に、悩んだり動いたりもがき苦しんだりしながら恋愛している姿がノンフィクションで映し出されるのだ。面白くないわけがない。

 

一生懸命な人間の姿って、どうしてこんなに笑えるし泣けるんだろうか。

あいのりに限らない話だけど、ものすごい真剣で一生懸命な人が空回ったり失敗してる姿って、不謹慎なのかもしれないけどすごい笑えるんだよね。でもそれって悪い笑いではないのかもしれない。これがバクマンが言うところの「シリアスな笑い」っていうやつなのか。あいのりを見ていると何度も何度も笑ってしまうけど、それはメンバーがみんな一生懸命やっているからこそこんなに見てて面白いんだと思う。

そしてそんな笑えるメンバーが最後に告白してカッコ良く決めるところは毎回泣ける。どんなに「こいつしょーもねーなー」って思ってたやつも、告白するときは全員漏れなくめちゃくちゃカッコいいもんね、男も女も。そしてカップルになって帰っても振られて帰ってもカッコいい。短い旅で、確実に成長した若者の姿がすごくカッコいい。

 

 

素人目線の海外旅行

あいのりの何がいいって「素人の目線で海外の国々の姿が見れる」ってとこなんだよね。

別世界の芸能人が別世界の海外を旅行している姿がテレビに映し出されても、それは見ているこっちからしたら別世界のできごとにすぎない。

でも、あいのりで旅をしているメンバーは、自分たちと変わらない一般人だ。そんな一般人が、一般人の目線で海外を旅行するから、見ているこっちとしてはすごいリアリティがあるんだよね。

ときには、自分がその国を歩いているような、疑似体験すらできる。

 

貧乏旅行と銘打っているだけあって、回るところも現地の人が行くようなところや、庶民的なところばかり。だから現地のリアルな姿や、生々しい現状や、本物の空気感がすごい伝わってくる。

ただ見て回るだけじゃなく、日本にいたんじゃ絶対できないような凄いことを色々と経験できるのも素晴らしい。めちゃくちゃ楽しそうなアクティビティから、過酷で壮絶な体験まで。無料であんな経験次々させてもらえんのは素直にめちゃくちゃ羨ましい。

 

恋愛観察番組としてじゃなく、単なる旅行番組として見ても、あいのりはめちゃくちゃ面白いし、素晴らしい。

 

 

これぞ青春!

自分が地味にあいのりで一番好きなのが、オープニングでAメロBメロのメンバー紹介が終わった後に、サビにのせて流れる、メンバーの普段の何気ない様子や、現地の人々との交流の様子がダイジェストに映し出されるシーン。

この部分、基本的に全て本編では未公開のシーンで構成されている。本編では出てこなかった、アクティビティをしている様子や、部屋で戯れている様子や、今で言う「インスタ映え」する写真や映像を撮ろうとしている様子が次々に流れていくんだけど、これがめちゃくちゃイイ!

もうね、これぞ青春って感じ。この部分を見ているときは毎回死ぬほど羨ましくなる。あれはイイよ。すごくイイ。

そして実は本編で使われていない部分でも色々な活動をしてるしすごく楽しそうなことを結構してるってのがわかる。「え!?何今の!?めっちゃ楽しそうなんだけど!?何で本編で使われてないの!?何で掘り下げられてないの!?!?」って、けっこうな頻度でなる。

本編で取り上げられているシーンはごくごく一部で、その裏にはもっともっと膨大な量の青春が広がっているという想像を掻き立てるあのオープニング映像は、素晴らしい。

そんな、これぞ青春!という空気感も、あいのり最大の魅力の一つ。

 

 

編集が面白すぎる 

あいのりの編集と演出は毎回おもしろすぎる 笑。

ときには「真剣にやってるメンバー茶化しすぎやろ、バカにしすぎやろ」って思うこともあるけど、俳優でも芸人でもない一般人のメンバーのドラマをこれだけ面白く見せることができるのは、あのやりすぎとも言える編集と演出があるからだろう。

 

あいのりの編集の何がいいって、恋愛だからってテラスハウスみたいにオシャレにドラマチックに演出するんじゃなくて、あくまで「コメディ」に徹するところなんだよね。

真剣なシーンはさすがにドラマチックなBGMを入れて涙を誘うような演出をするけど、それでも告白シーンだろうと最後の待ち合わせシーンだろうと、笑いどころがあったらすかさず拾って、テロップや効果音入れて思いっきり笑いに変えてくるもんね。

 

スタッフ側のミスやトラブルなんかも隠すどころか前面に押し出して笑いに変えてくるし*1、パロディや悪ノリもガンガンにぶっ込んで行って何気ないこともどんどん笑いに変えていく。

 

あいのりって結構、チャラい人とかヤンキーっぽい人とか、自分とはかけ離れた人種のメンバーも結構いるんだけど、どんな人でもそういうコメディ演出で問答無用に面白キャラになっちゃうから、全員を自分と同じ等身大の人間として愛着持てるんだよね。

恋愛だからってオシャレにトレンディにするんじゃなく、あえてコメディに落とし込んで万人に愛されるようにする。この演出方針はホントに神だと思う。

 

しっかし今見るとあのパロディや悪ふざけのセンスはマジ神だね。真地 勇志 さんのナレーションと合うんだコレがまた。お笑い芸人が出てるわけじゃないのにこんなに笑えるのはスゴいよマジで。

MCの声が、MC席が映るときだけじゃなくて、本編にも要所要所で入り込んでくるのも良い。今回見たヒデのストーリーも、MC席のシーンは全カットされてたけど、本編中に入ってる3人の声は全部そのままになっていて、それがまたいい味出していた。あれはある意味ボケに対するツッコミの役割だから、やっぱ削ることはできないよな。

 

とにかく単なる一般人の素人の恋愛をあんだけの笑いに変える編集と演出はマジ素晴らしい。そして笑えるから愛着が沸き、愛着が沸くから最後感動する。このループを生み出しているからこそ、あいのりはここまで面白い番組になったんだと思う。

 

 

まとめ

以上、あいのりの面白さでした。

・恋愛

・若者の成長物語

・旅

・絶景

・未知の体験

・青春

・友情

・コメディ

これだけ俺好みの要素が詰まっているものが、俺にとって面白くないわけがない!

ホントに幾つになってもいつ見ても飽きない、最高のテレビ番組ですわ。

 

 

あいのり同窓会スペシャル [DVD]

あいのり同窓会スペシャル [DVD]

 
あいのり 1999-2009 THE BEST OF LOVE SONGS

あいのり 1999-2009 THE BEST OF LOVE SONGS

 

*1:テープが切れたりとかスタッフが慌てて走ってついていく様子とか、あえて映して笑いに変えている

【恋愛観察バラエティー】あいのり の想い出をひたすら語る

あいのり

 

f:id:wagcus:20190613220135j:image

 

あいのりを初めて見たのは高校1年生のとき。

ささやん ユウコカップルになって帰国し、タカシ が失恋した回だった。

 

その後しばらくは普通に見てたんだけど、

春休みのスペシャルで、関ちゃん ひとみ の大恋愛のクライマックスの回があって、

それがめちゃくちゃ面白くて、

そっからどハマりした。

 

そこから先、関ちゃんが帰るまでくらいのメンバーはめちゃくちゃ覚えてるなー。

りんご ダイスケ マッチ棒 直也 なっちゃん 優香 陽生 あっきー 

自分の中ではこの頃があいのり全盛期だった。

主題歌が fragile の頃だね。

このメンバーは誰がどういう顛末を辿ったかまでハッキリ覚えてるもん。

マッチ棒がりんごに告白して、りんごがダイスケに告白して、直也は オグ に失恋した後、ダブル告白されてフって、なっちゃんに告白して、なっちゃんはダイスケに告白してカップルになって帰ったんだよね。

 

その後の レゲエ がいた頃はあんまり覚えてない。

やす とか みずほ とかいた気がする。あと タイガーめぐ とか。

でも トビビビ の結末はめちゃくちゃハラハラしながら見守っていた記憶がある。あれは自分の中ではあいのり史上5本の指に入るくらい面白かった回として記憶されてるんだけどなー。どこをどう面白いと感じたんだっけ?覚えてない。もう一回見たいなー。

 

でもこの時期は俺の一番好きな 芳ちゃん がいた時期でもある。

どんどん男前になる芳ちゃんが見てて楽しかったなー。

最後失恋したけど ミカ に告白して、バンザイしてワゴンを降りて帰る姿とかめちゃくちゃカッコよかったもん。

自分の中ではあいのり最高の名場面。

そんな芳ちゃんに目をつけた ゆき姉 は男を見る目があるよ。

 

ここでメンバーが一新されるんだよね。

おすぎ圭介 とかいた気がする。あと 若菜 とか 南ちゃん とか。

あと コータ ね。あの残念なイケメン 笑。

みほ が合流したのは記憶にあるんだけど、コータとみほがカップルになって帰ったのは知らなかったから、みほが合流してすぐくらいまでなんだろうな。俺が見てたのは。

 

ここで俺は受験勉強のために3ヶ月間テレビを断ち、

その後浪人して1年間テレビのない寮に入り、

その後大学入学後はサークルに命を賭けていてテレビなんて全く見られない時期が2年半続いたから、

計4年近くあいのりを全く見ていない空白期間ができてしまったんだ。

 

ちなみに、俺が見ていない間に出演していた浪人生の りぃ だが、なんと自分と 同じ出身地、同じ学年、同じ予備校 だったのだ。普通に校内で見かけた。食堂でなんかやたら可愛い子見かけるなと思っていたが、まさかのあいのり出演者だったと聞いたのは大分後のこと。俺の浪人時代の友人は同じ中学校同じクラスだったらしく、会うと気まずいと言っていた。

ちなみにこのりぃが合流時に福島銘菓のままどおるを持って行ったため、ままどおるが当時少しメジャーになった。

 

で、サークルも引退してようやく視聴再開した最初の回は、たしか 植っきちゃきカップルになって帰る回だった気がする。

その後は最終回まで見ていた。三ちゃん とか 宮ねぇ とか オガ とか ゴーヤ とか とか覚えてるもん。

 

でも不思議なもんだなー。この頃のメンバーは誰が誰に告白して帰ったとか全く覚えてない。関ちゃんの頃よりも5年も今に近いはずなのに。それだけ fragile の頃が面白かったのか、それともこの頃が面白くなかったのか。

「あいのり」で検索すると候補に「あいのり 桃」と出てくるぐらい有名な も、出演時期はフルで見ていたはずなのにどういう活躍をした人だったか全く思い出せない。

 

そしてそのまま突然の最終回。

あのときは大分悲しかったなー。

まさか、あれから10年経った今、こんなに恋愛観察番組が量産されたり、あいのりが復活するなんて思いもしなかった。

 

ちなみに当時はあいのりの番組HP上で、第1話からの内容が文章で全て読めたので、サークルを引退してあいのり視聴を再開してあいのり熱が再燃した自分は狂ったように読み漁った。第1回から第441回までの軌跡を全て。

だから自分の見ていない時期もどんな人がいて何が起きたのか一応知識としては知っている。もう覚えていない箇所も多いけど。でも、やっぱり文章で読むのと映像で見るのとでは全然違うんだよね。ヒデ のストーリーも、内容はけっこう知ってたけど、実際見ると全然違ったもん。

 

今回、ヒデのストーリーは実際に映像で見ることができたけど、ゆーみん隼人 のストーリーとかも実際に見てみたかったなー。ああいう逆転劇大好きだもん。絶対気に入る。

 

やっぱ大事なのはメンバーだよね。

最終回付近の時期って全然内容覚えてないけど、関ちゃんりんごダイスケマッチ棒直也なっちゃん優香がいた時期は強烈に覚えてるもん。

今回見たヒデのストーリーだって おーせ 袋ロー 裕くん じゅん平 イッチー 瀬里葉 と、メンバーが良かったから強烈に面白かったワケだし。

 

そして主題歌はやっぱし「fragile」が最強だったな。

あー、でも見てない時期だけど「明日への扉」もイメージぴったりだよな。

いやでも今回見たヒデ編の「未来の地図」もめちゃくちゃ良かった。

やっぱあいのり主題歌は女性ボーカルですよ。ゆずもスピッツGLAYもいまいち合わない。普段の音楽としてはこの3組大好きだけど、あいのり主題歌としてはやっぱ女声ボーカルじゃないと。

 

 

あいのりは応募したかった。本気で。

やっぱ応募しときゃよかったかな。ホントに。

 

 

f:id:wagcus:20190613215604j:plain

 

 

あいのり 11―恋愛観察バラエティー

あいのり 11―恋愛観察バラエティー

 

【恋愛観察バラエティー】あいのり ラブワゴンが出会った愛 〜ヒデが旅した1年半〜

あいのり

 

f:id:wagcus:20190612203108p:plain

 

やっぱ あいのり って最高に面白ぇわ!

 

経緯 

モブサイコ100』を見るために登録した FOD  で、せっかくだから他に何か見ようと思ってラインナップを見てみると、なんと初代あいのりの再編集版『あいのり ラブワゴンが出会った愛 ~ヒデが旅した1年半~』がフルで見られるというではないか!


初代あいのりで一番面白かったと言われる、ヒデ の滞在期間。高校生のときは毎週欠かさずあいのりを見ていた俺だけど、そのヒデのいた時期に大学生だった俺はサークルに命を賭けていて、とてもじゃないがテレビなんか見ていられない状況にいたから、その1年半は丸々見ていなかった。

そんなあいのり最高のパートを、今田さんやマチャミや加藤晴彦のMCのないダイジェスト版とはいえ、今から見られるならこんないいことはないじゃないか。通勤の暇つぶしにちょうどいいかと、軽い気持ちで見始めたんだが…

 

これが面白いのなんのって!!

 

すっかり夢中で最後まで見てしまった。

いやぁ、やっぱりあいのりって最高だわ。

あれは高校生の頃だったからあんなに面白く感じてたんじゃないかって、今見てもそこまでじゃないんじゃないかって敬遠してたけど、とんでもない!

幾つになっても最高に面白いわ。

どう考えても俺好みの要素満載だもんな。

あぁ、最高。

 

 

 

ヒデと仲間たち

確かにヒデのいる1年半はあいのり史上最大級に面白ぇわ!

 

ヒデ

まずヒデのキャラクターが素晴らしすぎる。

最初合流したときは挙動不審のコミュ障キャラで、どう考えても色モノ枠で採用されたなって感じの子なんだけど、1年半の旅の中でどんどん成長していって、最終的にはめちゃくちゃ頼りがいのある好青年に成長して帰ってくるんだよね。もうこの成長物語は面白くないわけがない。

本編中でもちょくちょく合流直後の映像が回想シーンとして挟まれるんだけど、その度に変化の大きさが激しすぎてビビる。もう見た目からしてまるで違うもん。グレンラガンのシモンもビックリの変わり様。

旅の中盤に、メンバーの些細な変化に気づいては呼び出して悩み相談に乗ってあげてる姿は、もうお前何者だよスタッフかよって感じ。

考えてみれば、19歳の男の子がアフリカに渡って、あんな刺激的な旅を1年半も経験したら、人が変わらないほうがおかしいよな。人生の1/14をあいのりの旅で過ごしてるワケだもんなぁ。

 

ヒデの仲間たち

そしてヒデを取り巻く仲間がまた面白すぎる。

特におーせ、袋ロー、裕くん、じゅん平あたりは素晴らしい。

個人的ハイライトは裕くんの恋愛のクライマックス。ナレーションに執拗に羊男呼ばわりされまくる裕くんの恋路を、ヒデ、おーせ、袋ローの3人がニヤニヤしながら見守っている構図が最高だったw 

裕くんのカップル成立シーンは感動と爆笑が押し寄せてきて大変だったもんな。ありゃあ素晴らしかった!

 

おーせ&袋ローはあいのり史上トップクラスにキャラが濃くて好感度も高いカップルだった。初登場時は絶対に2人とも好きになれねーと思ったのに、終盤は見ててめちゃくちゃ安心感あったもんなこの2人。

 

ヒデ、裕くん、じゅん平の ヘタレ3兄弟 も最高だったw

伝説の ヘタレ卒業式 をちゃんとした流れの中で見れて感無量でしたwww

どっかの総まとめ回とかで見た記憶はあったんだけど、そんときはあんまり面白いと思わなかったんだよね。でも、あの卒業式はここまでの流れを、3人の長旅を全てきちんと見た上で見るとめちゃくちゃ笑えるねwww いやぁ、ちゃんと見るとこんなに面白かったのか。当時リアルタイムで見たかったなぁあ!!

 

 

願わくば、帰国後かよとカップルになるところまで収録してほしかったな。長旅の最後にフラれて帰ってきて終わりじゃ締まりが悪いんだから、ハッピーエンドまで収録してくれればいいのに。

 

 

 

もう一度あいのりを全部見たい!

VOL.4の中盤までは何の問題もなく見れるんだが、VOL.4の終盤に新たに合流してきた新メンバーの女性の顔にモザイクがかかり(名前も出ないし、その人のアップのシーンは全て削られている)、VOL.4が終わると一気に数カ国時間が飛んで、メンバーもいきなり入れ替わってしまう。

あとから調べてみると、その丸々カットされた部分は あのヒデを2人の女性が取り合って女同士の激しいバトルが繰り広げられる という、初代あいのり史上最高視聴率を記録していたという伝説的パートだと聞いて、めちゃくちゃ残念だった。当時リアルタイムで見ていた人は「おまみ vs タカノ」と聞けばおそらくピンとくるのだろう。

 

どうやらそのパートに出てくる タカノミカリン という2人の女性から、出演許可が降りなかった様子。出演者は芸能人じゃなくて素人だからね。ちゃんとした許可を取らないとDVD化できないみたいだ。

 

そして同時に、なんで未だに初代あいのり全編のDVDが発売されないのか、その理由もわかった。

ヒデが居た1年半の間だけでもこれなんだもの。出演者全員の許可を取るなんておそらく不可能なんだろうな。

 

この問題は技術ではどうにもならない部分だから、今後何年経っても俺たちが初代あいのりを再び見ることは絶対にできないってことになる。

 

あぁ、こんなことならリアルタイムでやっている頃に全部録画して残しておけばよかったなぁ!!

無理か。当時はまだDVDすらなかったから、全編VHSで残すことになっちまう。一体どれだけの分量になるんだ。ビデオテープだけで1部屋必要になるよ。

 

あー、見たい。初代あいのりを今1話から最終回まで10年分全部見たい。今田さんやマチャミや加藤晴彦やウエンツのMC付きでノーカットでフルで見たい。もしその映像を売ってくれるんなら言い値で買う。

 

 

 

まとめ

ホンット『あいのり ラブワゴンが出会った愛 ~ヒデが旅した1年半~』最高でした。

あ〜、初代あいのりが見たい。全部見たい。

 

とりあえず、新しい方のあいのり、

・あいのり2

・あいのり:Asian Journey

も見てみよう。

「どうせ初代とは違う」なんて食わず嫌いは良くない。見たらめちゃくちゃ面白いかもしれないし。実際以前たまたまテレビで見かけた誰かの告白シーンはめちゃくちゃ良かったし。

 

自分の中のあいのり熱は幾つになっても健在だということがわかってしまいました。

やっぱこの番組、人生で一番好きなテレビ番組だわ。

 

 

【ネタバレ感想】週刊少年ジャンプ 2019年28号

週刊少年ジャンプ 2019年28号

f:id:wagcus:20190612002422j:image

 

 

BORUTO

f:id:wagcus:20190612002433j:image

やばい、BORUTOがめちゃくちゃ面白い。

今週のジャンプでぶっちぎりで一番面白かった。というか他に面白い漫画がなかっ

あんなに嫌いだったNARUTOの続編をこんなに面白いと感じるなんて、こうなるともうNARUTOBORUTOのための序章だったんじゃないかって気さえしてくる。幻想水滸伝Ⅰが幻想水滸伝Ⅱのためにあるように。

クレバーで自然な会話のやり取りがこの漫画の一番の魅力なんだよね。頭が悪くて不自然な会話が一番の欠点だったNARUTOとは丁度正反対なのが興味深い。この感じは岸本先生には絶対に出せないはずなので、脚本の小太刀右京って人がよっぽど優秀なのか。

なんにせよ、来月も続きが楽しみだ!

 

追記:

と思ったらVジャンプに移籍だと!?ふざけんなよ!なんてことしてくれんだ!!(見逃してた)

どうしよ…。正直コミックス買うほどじゃないんだよな…。でも続きは追いたい気もするし…。まぁ、しばらく時期が空いてから考えよ。

 

 

鬼滅の刃

f:id:wagcus:20190612002455j:image

まさかのしのぶさんの毒がここで効いてくる!

読者すら忘れてたタイミングで強敵に致命傷を与えてくるなんて、まさに名実共に遅効性の毒を体現していて非常に素晴らしい。

ただでは死なないしのぶさん。個人的にはこのまま決着が付いてほしい。

 

 

ハイキュー

f:id:wagcus:20190612002509j:image

ページを開いた瞬間にこの右上の西谷の右手が目に飛び込んでくるこの演出。

これ絶対読者の視線を計算した上で描かれてるよね。

ほんと素晴らしいわぁ。